« 『日本語の研究』通巻239号(2009年10月)にて、福島直恭『書記言語としての「日本語」の誕生 その存在を問い直す』が紹介されました | メイン | 第19回神保町ブックフェスティバルのパンフ、無料で送ります! »

2009年10月 1日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第136号』(平成21年7月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

北海道大学国語国文学会より頂きました。

kokugokokubun136.jpg

北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第136号』
ISSN0289-0488
平成21年7月28日発行・A5判並製・84頁

【目次】
○神亀二年の吉野行幸歌論--笠金村作を中心に--/村田右富実
○「都なしたり 旅にはあれども」
 --笠金村「神亀二年の難波宮行幸歌」についての考察--/倉持しのぶ
○大伴旅人「歌詞両首」について/廣川晶輝
○『新磨妹と背かゞみ』の修辞的、そして政治的・社会的次元
 --『風誡京わらんべ』との比較において--/浅野正道
○横光利一『旅愁』における<民衆>という装置
 --<日本/日本人>を形象化する方法--/舘下徹志
○日本語オノマトペの形態的特徴/サディグル・エルドス
彙報・編集後記

〒060-0810 札幌市北区北十条西七丁目
北海道大学大学院文学研究科内
北海道大学国語国文学会


●グーグル提供広告