『江戸風雅』の会、ブログスタート

【江戸時代から明治・大正にかけての日本漢詩文、および日中比較文学(小説・和歌・俳諧・狂歌・狂詩狂文・川柳・演劇・絵画・中国文学)、および人物を研究し、新事実を闡明することをめざす】「江戸風雅」の会のブログがスタートしている。
『江戸風雅』の会・URL
http://edofuga.blog99.fc2.com/
近世漢詩漢文の専門雑誌、機関紙『江戸風雅』も創刊する模様(年2回刊)。
正規会員年間一万円、購読会員年間六千円。
気になった方はぜひ入会してみてはいかがでしょうか。
今年は雑誌『国文学』が休刊する一方、西行学会の設立やこの『江戸風雅』の会など、新しい動きもあります。こうした積み重ねが、文学研究には必要なんだろうと思います。
学会の設立、研究誌の創刊など、小社ブログでは積極的に取り上げていきたいと思いますので、ぜひ教えてください。
最後に、この会の情報発信について。【飯倉洋一先生川平敏文先生のブログのように、楽しく充実した内容になればと考えております。】とあるように、ひらかれた場を指向しているようです。
要チェック!です。