青山コミュニティラボ(ACL)で、昨年日本古典文学学術賞を受賞した沖本幸子氏の対談が掲載

青山コミュニティラボ(ACL)で、昨年日本古典文学学術賞を受賞した沖本幸子氏の対談が掲載されています。
受賞図書はこちら。『今様の時代 変容する宮廷芸能』(東京大学出版会・2006)
沖本幸子氏は、現在、青山学院大学 総合文化政策学部の准教授であり、本書は上記の賞の他に、日本歌謡学会志田延義賞、林屋辰三郎藝能史研究奨励賞も受賞している。
対談の冒頭には、「沖本:実は、私は中身に合わせた猥雑な装丁にしてほしいと言い張ったんですが、編集者が譲らなかったんです。でも、いざ出版したら、みなさんから誉めて頂けたのが表紙でしたので、後から編集者に謝ったという(笑)。」というエピソードも。
所属大学のサイトで、こういった形のインタビューが行われるのはめずらしい。また、対談者が在野の人間であるというのも、この対談を読みやすいものにしているようだ。
こういった取り組みが他の大学サイトでも、もっと行われるといいなと思います。
以下、Part.1〜3まで。
●『Part1 今様への道』-杉浦勢之×沖本幸子
●『Part2 今様の身体性』-杉浦勢之×沖本幸子
●『Part3 インスピレーション』-杉浦勢之×沖本幸子