« 予告●国文学研究資料館編『人情本事典 江戸文政期、娘たちの小説』(笠間書院)、11月刊行! | メイン | 第28回 奈良県立橿原考古学研究所・公開講演会「平城遷都」(平成21年11月3日(祝)、奈良県社会福祉総合センター) »

2009年9月18日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●最古のL字形カマド、渡来系の証しか 奈良・明日香村の檜隈寺跡(産経新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【古代の渡来系氏族、東(やまとの)漢氏(あやうじ)の氏寺とされる奈良県明日香村の檜隈(ひのくま)寺跡から、7世紀前半の「L字形カマド」の石組みが見つかり、奈良文化財研究所が17日、発表した。L字形カマドは朝鮮半島から輸入されたとされ、奈文研は「檜隈寺の渡来系色がさらに強まった」としている。石組みのL字形カマドの出土は国内3例目で、最古という。】(2009.9.17、産経新聞)

●続きはこちら


●グーグル提供広告