« 【邂逅 カルチャー時評】四方田犬彦 酒井法子氏を擁護する(産経新聞) | メイン | 日本近代文学館・秋の特別展「芥川龍之介の書画」「川端文学のヒロインたち」(2009年9月19日(土)〜11月28日(土)) »

2009年9月14日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●鶴見大学生涯学習セミナー【有料】・ ふたつの『古事記』(露木悟義氏・遠山美都男氏)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

セミナー情報です。
----------------------------------------

●公式サイトはこちら

今回(平成21年度第2クール)の鶴見大学生涯学習セミナーでは、

「古事記」の講座が2講座あります。

ひとつは、

 A-4 古事記を読む -中巻-

  講 師 : 露木悟義(本学名誉教授)
  時 間 : 10:30~12:00
  スケジュール : 全10回
    (1)9月29日(火)   (6)11月10日(火)
    (2)10月6日(火)   (7)11月17日(火)
    (3)10月13日(火)  (8)11月24日(火)
    (4)10月20日(火)  (9)12月1日(火)
    (5)10月27日(火)  (10)12月8日(火)
  受講料 : 12,000円
  パンフレット内容はこちら

文学、国文学として読んでいくこちらの講座は、第1クールで上巻を読み、今回は中巻「神武東征」から「百済の朝貢と大山守命の反逆」までを読んでいきます。伝説・神話・説話のかげの史実性に注目し、民族の歴史をいかに物語伝説化し伝承してきたかを考えていきます。

もうひとつは、

 B-8 『古事記』神話を読む -天皇の世界の誕生-

  講 師 : 遠山美都男(学習院大学・日本大学講師)
  時 間 : 13:30~15:00
  スケジュール : 全8回
    (1)10月13日(火)   (5)12月8日(火)
    (2)10月27日(火)   (6)12月22日(火)
    (3)11月10日(火)   (7)1月12日(火)
    (4)11月24日(火)   (8)1月26日(火)
  受講料 : 10,000円
  パンフレット内容はこちら

こちらの講座は、歴史学の立場から『古事記』神話を見ていきます。『古事記』上巻は天皇が支配する世界の成り立ちを物語り、これを読み解くことで古代国家の頂点に立つ天皇がどのような存在として認識されていたか、分かるはずです。


●グーグル提供広告