「伊勢物語」古写本を発見 坊所鍋島家資料 佐賀県立図書館発表 古典籍の研究に一石(西日本新聞)

【佐賀県立図書館は7日、同館所蔵の坊所(ぼうじょ)鍋島家資料から、平安時代の歌物語「伊勢物語」の内容を伝える古写本が見つかったと発表した。藤原定家が書写したとされる「定家本」とは異なる系統の「伝肖柏筆(でんしょうはくひつ)本」に似ており、同館は「古典籍の研究で重要な発見」としている。】(2009年9月8日、西日本新聞)
●続きはこちら
この「伊勢物語 坊所鍋島家本」が、国文学研究資料館監修・勉誠出版発行で、2009年8月に原寸カラーの複製本として刊行されています。
●詳細はこちら
●勉誠出版のホームページで購入!