« 出光美術館(門司) ・「琳派と江戸絵画 --宗達・光琳・抱一を中心に--」(2009年9月4日(金)〜11月1日(日)) | メイン | 学習院大学東洋文化研究所・連続講座「東アジア書誌学への招待」(第19回)(2009.9.25金) »

2009年9月 1日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●宇津保物語の屏風絵現存 大和文華館、8/21から公開(産経新聞・関西)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【平安時代に書かれた最古の長編物語として知られる「宇津保(うつほ)物語」の6場面を描いた江戸時代の屏風(びょうぶ)絵(六曲一双、個人蔵)の現存を、大和文華館(奈良市)が確認した。宇津保物語の屏風絵はこれまで知られておらず、宇津保物語の絵画化を知るうえで貴重な作品という。21日から同館で開かれる「物語と絵画」展で初公開される。】

つづきはこちらから。宇津保物語の屏風絵現存 大和文華館、8/21から公開(産経新聞・関西)


●グーグル提供広告