« 2009 言語資源シンポジウム「言語・音声データの学術利用に向けて」(2009年10月15日(木)、学術総合センター(東京)) | メイン | 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会・第35回 福島大会及び研修会「わたくしたちのアーカイブズ −公文書と地域資料−」(平成21年11月18日(水)・19日(木)、福島県文化センター) »

2009年8月24日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●江戸期の「奈良絵本」公開 「最高レベル」と専門家(産経新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【旧大名家に伝わった江戸時代の色鮮やかな「奈良絵本」と呼ばれる絵本計47冊が見つかり、所蔵する広島県廿日市市の「海の見える杜(もり)美術館」が22日、報道各社に初めて公開した。約50冊からなる作品集の大半がそろっており、調査に当たった石川透慶応大教授(国文学)は「冊数やサイズ、保存状態を含め最高レベルで、国の重要文化財に近い作品」としている。】(2009.8.22、産経新聞)

●続きはこちら


●グーグル提供広告