<塩津港遺跡>神社建築部材15点を確認 国内最古級(毎日新聞)

【滋賀県西浅井町の塩津港遺跡(平安時代後期)を調査していた県教委は20日、小型の神殿の部材15点を確認したと発表した。11世紀後半〜12世紀のものとみられ、神社建築部材としては国内最古級。】(8月20日、毎日新聞)
●続きはこちら