« 群馬県立土屋文明記念文学館・第67回企画展「妙義・磯部地域の文学 −西上州を旅して−」(平成21年9月19日(土)〜11月15日(日)) | メイン | 第二十九回 西鶴研究会(2009.8.27(木)、青山学院大学 総合研究ビル 10階会議室) »

2009年8月20日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●冷泉家で「罫線枠」見つかる 真っすぐな字を書こうと苦心(京都新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【京都市上京区の冷泉家で、江戸時代の本などを納めた土蔵「御新文庫」などから、和紙に字を書く際に真っすぐ書けるよう、使っていた型が見つかった。木枠に糸を張った物のほか、当主の書き損じの紙を再利用して作った枠などさまざまなバリエーションがあった。現存するこうした型は全国的にもほとんどなく、関係者は「罫線(けいせん)の付いたノートや原稿用紙がなかった時代に、きれいな字を書こうとした先人たちの苦労がしのばれる」と話している。】(2009年8月5日(水)、京都新聞)

●続きはこちら


●グーグル提供広告