« 第42回日本古文書学会大会(2009年9月26日(土)・27日(日)・28日(月)、足利商工会議所) | メイン | 藝能史研究會例会 9月例会(2009年9月12日(金)、キャンパスプラザ京都) »

2009年8月20日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●戦時下の文楽、写真600枚発見...人形もヘルメットに軍服(読売新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【大阪大空襲(1945年)で焼失した人形浄瑠璃文楽の殿堂・四ツ橋文楽座(大阪市)の、戦前の舞台の様子を収めた写真約600枚が見つかった。当時の宣伝部員が個人的に保管していた品で、ヘルメット、軍服姿の人形を遣う様子など「戦時下の芸能史を伝える貴重な資料」と専門家は評価している。】(2009年8月16日、読売新聞)

●続きはこちら


●グーグル提供広告