戦時下の文楽、写真600枚発見…人形もヘルメットに軍服(読売新聞)

【大阪大空襲(1945年)で焼失した人形浄瑠璃文楽の殿堂・四ツ橋文楽座(大阪市)の、戦前の舞台の様子を収めた写真約600枚が見つかった。当時の宣伝部員が個人的に保管していた品で、ヘルメット、軍服姿の人形を遣う様子など「戦時下の芸能史を伝える貴重な資料」と専門家は評価している。】(2009年8月16日、読売新聞)
●続きはこちら