日本人の戦争観多様 作家の日記分析 ドナルド・キーンさん(朝日新聞)

【日本文学研究者のドナルド・キーンさんが、戦時中の文学者の日記を分析する『日本人の戦争 作家の日記を読む』(文芸春秋)を発表した。情報が制限された市井の立場にありながら、練達の表現力を持つ作家らがつづった記録を俯瞰(ふかん)することで、戦時下の状況と心理の変化が浮かび上がってくる。】

つづきはこちらから。朝日新聞。