« 週刊読書人(2009.8.21号)に中村誠『金子光晴 〈戦争〉と〈生〉の詩学』の書評が掲載されました。 | メイン | シンポジウム「天橋立と室町文化〜義満と世阿弥の旅」(平成21年9月24日(木)、京都・相国寺内承天閣美術館、入場無料) »

2009年8月13日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●「古典の日」サイト、オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

「古典の日」に関するニュースはこれまでいくつか断片的に漏れ伝わってきていましたが、いつの間にかサイトが開設されてました。

こちら。

「古典の日」サイト

2008.11.1、源氏物語千年紀の時に発表された、「古典の日」宣言の趣旨にのっとって、源氏物語千年紀委員会解散後、古典の日推進委員会が作られ、活動を開始。

【古典の日推進よびかけ人】として挙がっているのは以下のメンバー。
代 表・千  玄室 、他に、秋山虔 梅原猛 瀬戸内寂聴 ドナルド・キーン 芳賀 徹 村井康彦 冷泉貴実子の各氏。
国文学関連のメンバーでは、【委員】として、芳賀徹氏。【アドバイザー】として赤瀬信吾、伊井春樹、朧谷壽の各氏らが名前を連ねている。

大きなイベントとして予定されているのは、・古典の日推進フォーラム2009・「古典の日」記念 朗読コンテスト、で、また関連イベントとして、・街かど古典カフェというものが行われるようだ。京都の各所で、定員30名程度のトークショーが催される。伊井春樹、朧谷壽、井波律子、山本淳子、芳賀徹、の各氏らが予定されている。

源氏物語千年紀委員会の時と同様に、ロゴ・キャラクターデザイン等の使用申請を行えるようになっているので、学会等イベントを主催される方は、申請してみてはいかがだろうか。
使用期間として、【平成24年3月31日までに実施される事業等について認められます。 】となっている。あと2年半。「古典の日」を定着させ、活動を継続的に行ってもらうためにも、積極的に活用したい。


●グーグル提供広告