« 笠間書院のメールマガジン [060号]刊行しました | メイン | 全国大学国語国文学会が「文学・語学賞」を新設 »

2009年8月11日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●松本和也『太宰治『人間失格』を読み直す』(水声社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

松本和也氏よりいただきました。

4891767316.jpg

太宰治『人間失格』を読み直す

松本 和也【著】
水声社 (2009/06/20 出版)

216p / 19cm / B6判
ISBN: 9784891767310
NDC分類: 913.6

amazonで買う!

【詳細】
"人間"とは何か?"物語"とは何か?『人間失格』における物語の構造、そして「人間」という概念の意味を、六〇年をへて新たにときほぐす書き下し評論。

序章 『人間失格』をめぐる太宰治の現在
第1章 "現代に甦った新作"、太宰治『人間失格』
第2章 『人間失格』成立まで--古田晁・入院体験・「人間」
第3章 太宰治の退場(情死)と『人間失格』の登場
第4章 言語表現としての『人間失格』--構造・予言・主題
第5章 『人間失格』が生きた戦後--抵抗概念としての"人間"
著者紹介

松本和也[マツモトカツヤ]
1974年、茨城県に生まれる。立教大学文学部を卒業後、同大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、信州大学人文学部専任講師。専攻日本近代文学・演劇(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●グーグル提供広告