古典籍の面白さ紹介 京都府立大でトーク集会(京都新聞)

【NHK大河ドラマの主人公、直江兼続によって京都で刊行された直江版「文選(もんぜん)」を糸口に文学や活字本の面白さを紹介するトークセッション「古典籍は愛だ」(京都府立総合資料館、京都府立大、京都新聞社主催)が8日、府立大で開かれ、6世紀の中国でまとめられた詩文集「文選」が日本に与えた影響などを研究者が語った。】(2009年8月8日、京都新聞)
●続きはこちら