« 小林浩(月曜社)「世界を編集する----書棚から文化まで」(メルマガ「週刊ビジスタニュース」) | メイン | 成蹊大学・シンポジウム「世界からのまなざし・世界へのまなざし現代世界と中国の未来」(含・田中克彦氏基調講演)(2009年9月26日(土)) »

2009年8月 7日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●最古の十界曼荼羅を発見 滋賀・長命寺(産経新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【西国三十三カ所の1つ、滋賀県近江八幡市の長命寺で、僧侶が寄付を集めるために使ったとされる、16世紀末(安土桃山時代)の「熊野観心十界曼荼羅(くまのかんしんじつかいまんだら)」が見つかり、同市が6日、発表した。十界曼荼羅は全国で約60点見つかっているが、江戸時代のものがほとんどで、同市によると、国内最古とみられる。】(2009.8.6、産経新聞)

●続きはこちら


●グーグル提供広告