« 『明治大正俳句雑誌レポート』第4号 | メイン | 塙保己一史料館・没後第188周年記念大会(含、中村一紀氏・住吉朋彦氏講演)(平成21年11月8日(日)) »

2009年8月10日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●東京大学駒場言語態研究会『言語態 第9号』

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

言語態研究会さまよりいただきました。

GENGOTAI.jpg

●公式サイトはこちら

東京大学駒場言語態研究会『言語態 第9号』
2009年5月発行
A5判・並製・132頁
定価 700円

【目次】

安原伸一朗●文学における種々のテロル
 ジャン・ポーランとシャルル・モーラス

篠原学●速度の言語態 ミラン・クンデラ『緩やかさ』と小説論

大森晋輔●言葉の試練としてのエクフラシス
 クロソウスキーによる『アエネイス』の翻訳をめぐって

三枝大修●ロートレアモン伯爵、劇場へ
 『マルドロールの歌』舞台化の試みについて(2005-2007)

堀井一摩●日露戦争の修辞学
 桜井忠温『肉彈』における戦死の美学

大澤聡●「対話」の条件 大江健三郎「おかしな二人組」三部作

小野絵里華●木村朗子著『恋する物語のホモセクシュアリティ--宮廷社会と権力』


●グーグル提供広告