ノートルダム清心女子大学・リレーエッセイ【第70回】太宰治は女性の心がわかっていた?(綾目広治)

リレーエッセイ
【第70回】 2009年8月1日
太宰治は女性の心がわかっていた?
綾目広治
【今年が生誕100周年の年となる有名作家に、『山月記』の中島敦、『俘虜記(ふりよき)』の大岡昇平、『死霊(しれい)』の埴谷雄高、そして太宰治がいます。おそらく、この4人の作家の中でも一番よく知られ、よく読まれている作家は太宰治でしょう。彼は、1948(昭和24)年の六月に玉川上水で心中自殺をして、わずか39歳で亡くなりましたが、その長くはない作家人生の中で多くの短編小説を書きました。】
●続きはこちら