大修館・月刊言語、本年12月号をもって休刊へ

既に、ひつじ書房のサイトで報じられている通り、大修館・月刊言語、本年12月号をもって休刊ということが発表された。
以前からそんな噂は聞いていて、どうやら本当っぽいと分かったのがつい最近。
念のため電話で確認したところ、本日広告代理店に告知をしたそう(2009.8.19)。
理由については、編集部によると、「経営判断としかいいようがない」。「大分前から単体としては赤字」だったそうで「ここにきて売上・部数が下がった」ということでした。
月刊言語には、小社は、現代日本語を対象とする本が少なかったこともあって、あまり積極的に広告は出稿していませんでしたが、たまには、本の紹介をしてもらえることもありました。
残念、としかいいようがないのですが、ある親しい出版社の方が言っていたのですが、「今年はみんなどんどん止めていくので、ちょうどいいのかも」と。そんな風には思いたくはないですが、そう、邪推したくなるような感じです。こう、なんていうか「休刊ブーム」が巻き起こると。
なお、大修館のサイトでは、まだ報じられていない。
http://www.taishukan.co.jp/