« 天沢退二郎『《宮沢賢治》のさらなる彼方を求めて』(筑摩書房) | メイン | tab NO.17 2009/7/15 編集発行人・倉田良成 »

2009年7月27日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『道元「典座教訓」 禅の食事と心』(角川文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

角川学芸出版の高橋保子さんからいただきました。

KADOKAWA_DOGEN.jpg

発売日:2009年 07月 25日
定価(税込): 620円
文庫判
ISBN 978-4-04-135412-4-C0115

禅寺の食事係の僧を典座という。食事を作る者の心構えを通し禅の心を知る。

[ 著者 ]
道元

[ 訳者 ]
藤井宗哲

[ 内容 ]
食と仏道を同じレベルで語った道元の書『典座教訓』を、建長寺をはじめ、長く禅寺の典座を勤めた自らの体験をもとに読み解く。禅の精神を日常の言葉で語り、禅の核心に迫る。

●web KADOKAWAで買う!


●グーグル提供広告