小西甚一『日本文藝史【別巻】 日本文学原論 付 日本文藝史全巻索引』(笠間書院)/パンフレット(16ページ版!)

7月に刊行いたしました、小西甚一『日本文藝史【別巻】 日本文学原論 付 日本文藝史全巻索引』(笠間書院)。
予告しておりました、16ページ版のパンフレットですが、7/21(火)に出来予定です。
いち早く、PDFで公開いたします。
konishigenron.jpg
こちらからダウンロードしてください!(PDF・16頁)
印刷する場合には、A3でちょっと縮小すると、うまく行きます。
————————-
70475.jpg
konishi_shoei.jpg
小西甚一
日本文藝史【別巻】 日本文学原論 
付 日本文藝史全巻索引
ISBN978-4-305-70475-7 C3391
定価:本体15,000円(税別)
A5判・上製・2冊セット函入り
日本文学原論 900頁
全巻索引 260頁
「『日本文学原論』は国文学界にとって、超辛口になりそうです」
(犬井善壽氏宛私信より)
なぜ国文学の目標はまだ確立できずにいるのか。
日本文学は、何を対象として取りあげ
どう研究を進めたらよいか。
いまだ誰も越えられぬ偉業、
『日本文藝史』(講談社 全五巻)別巻として予告され、
2007年の逝去のため、生前の刊行が叶わなかった、
未完の『日本文学原論』を、
刊行委員会の手によって再編集し
お届けいたします。
小西甚一、
最後のメッセージは、
日本文学を根源的に問い直し、
私たちに、今後、古典とどう向き合っていけばよいのか、
教えてくれる、重要な一書です。