« 小西甚一『日本文藝史【別巻】 日本文学原論 付 日本文藝史全巻索引』(笠間書院)/パンフレット(16ページ版!) | メイン | 日本図書館協会選定図書(第2690回、090701)・竹林一志著『日本古典文学の表現をどう解析するか』 »

2009年7月 9日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東北大学大学院文学研究科国語学研究室・第354回 国語学研究会(2009年7月29日(水))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

学会情報です。
----------------------------------------

●公式サイトはこちら

第354回 国語学研究会 について
下記の通り国語学研究会を開催します。

・日 時  2009年7月29日(水) 14:30〜
・場 所  東北大学文学研究科研究棟7階701講義室
・発表題目 潜在可能文と実現可能文との関わりをめぐって
--「可能動詞+ている」の意味解釈を通して--
・発 表 者  林 青樺氏(台湾 淡江大学助理教授)

※どなたでも参加できます。参加は無料です。
※当日、会場にて発表資料を配布いたします。


●グーグル提供広告