« 島内景二『柳沢吉保と江戸の夢 元禄ルネッサンスの開幕』(笠間書院) | メイン | 日本文学協会・第61回国語教育部会夏期研究集会「〈文脈〉を掘り起こす--言葉の向こう--」(2009年8月8日(土)〜8月9日(日)、拓殖大学 文京キャンパス) »

2009年6月18日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●山下記念研究賞・人間文化研究機構国文学研究資料館助教の相田満氏が受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

『国文研ニューズ』(No.15、2009春、国文学研究資料館広報出版室)によると

【情報処理学会に属する各研究会・シンポジウムで発表された、優秀な論文に対して贈られる平成20年度山下記念研究賞】を

「暦象オントロジの構築−日本旧暦時代の文献分析支援のために−」
(情報処理学会研究報告、2007-CH-76,pp25-32[8])により、
人間文化研究機構国文学研究資料館助教の相田満氏が受賞、とのこと。

●こちらにも掲載されています(情報処理学会ホームページ)


●グーグル提供広告