【『1Q84』への30年】村上春樹氏インタビュー(上)(中)(下)(読売新聞)

(上)
【村上春樹氏(60)が作家生活30年を経て発表した長編『1Q84』(新潮社)は、現実から少しだけねじれた世界で進む物語だ。どのように発想され、どんなテーマが込められたのだろう。(尾崎真理子)】
つづきはこちらから。読売新聞。

(中)
【村上春樹氏の新作『1Q84』は、「400字詰め原稿用紙に換算すると、1984枚」(新潮社出版部)にのぼる重厚な長編。登場人物、ストーリーは、どのように出来上がったのだろう。(尾崎真理子)】
つづきはこちらから。読売新聞。
(下)
【『風の歌を聴け』で村上春樹氏が群像新人文学賞を受賞したのは1979年6月。30年間のうちに、作家と時代はどう変化したか。(尾崎真理子)】
つづきはこちらから。読売新聞。