« 美夫君志会全国大会(平成21年7月4日(土)・5日(日)、中京大学) | メイン | 『NANIWA』第22号(2009年6月号)に田中登・岩崎梨佳『王朝びとの恋うた 書と歌の交響楽』(笠間書院)の書評が掲載されました。 »

2009年6月10日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●並木の里 第六十九号(『並木の里』の会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

「『並木の里』の会」さまよりいただきました。

namikinosato_69.jpg

並木の里 第六十九号(『並木の里』の会)
2008.12.31発行・1500円(送料込)
A5判・並製・76ページ

【目次】
鑑賞『宇治拾遺物語』十二、「子」を「ちご(児)」に言いかえた意味を検討する
 --第一四九、紀貫之が土佐守在任中に子に死なれた話--●高橋貢

『本朝麗藻』全注釈(73)
 --作品(上の21)について其二●今浜通隆 

源氏物語植物考(その二十一)菊--「藤裏葉」巻における菊の表象性--●高嶋和子

源氏物語をめぐる--行事と場面の役割--●増淵勝一

代々御集精講(一)
 凡例
 (1)『仁和御集』(その一)●藤城憲児
 (2)『冷泉院御集』(その一)●田村由美子

一巻本『宝物集』精講(十)
 第九話(第二に、餓鬼道と申すは...)●増淵勝一

日本文化の紹介(3)--短歌と若山牧水--●田村由美子


●グーグル提供広告