東アジア比較文化国際会議日本支部編『東アジア比較文化研究 第八号』

笠間書院が制作協力としてかかわった、雑誌です。
東アジア比較文化国際会議日本支部編『東アジア比較文化研究 第八号』(2009.5)
ISSN1349-5631
A5並製・120ページ
higasiazia_8.jpg
発行所●東アジア比較文化国際会議日本支部編
〒150-8440
東京都渋谷区東4-10-28
國學院大學文学部 1112研究室(波戸岡旭)
【目次】
特集●日本の中の韓国学
巻頭言…朴美子
高麗時代の童謡について…岡山善一郎
朝鮮時代における文学の享受者たち…大谷森繁
朝鮮時代の李賢輔における隠逸生活…朴美子
 –中国の自然詩人と関連づけて–
廉想渉の<二つの破産>と茅盾の<林商店>について…白川豊
 –朝中現代小説に表れたリアリズムの様相 –
韓徳法師の「座るクッ」の現場…村上祥子
論文●
和漢の双光 –古代官僚田辺福麻呂と宮廷歌人田辺福麻呂–…塩沢一平
日本近世における孝子孝彰の発生ー孝子説話研究のためにー…勝又基
日・中・印における目連伝説…永藤美緒
日中古代女子教育への一考ー貴族階層を中心にー…孫佩霞
彙報・編集後記