横光利一:「欧州メモ」発見、代表作「旅愁」などの骨格に(毎日新聞)

【大正・昭和初期の文壇をリードした作家、横光利一(1898~1947)の代表作「旅愁」「欧洲紀行」についての直筆メモが見つかった。欧州旅行の描写などから作品生成の過程がうかがえる。横光文学に新たな光を当てる貴重な発見だ。【米本浩二】】(2009/6/1付、毎日新聞)
●続きはこちらから