« 芸術至上主義文芸学会 平成21年度 春季総会・講演会 渡邊澄子氏「戦争下の円地文子」(平成20年6月21日(日)、品川区立中小企業センター) | メイン | 文化庁、日本の文化芸術に関するポータルサイトを試験公開(文化庁) »

2009年6月 3日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●相次ぐ総合誌休刊 シンポや「怒りの復活」号(読売新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【休刊が相次ぎ、部数も低迷するなど、雑誌ジャーナリズムを取り巻く環境は厳しい。そんな中、ノンフィクションの魅力を再認識させるムック本が刊行されたり、ライバル同士の週刊誌編集長が一堂に会して意見を述べたりするなど、様々な取り組みが始まった。(泉田友紀)】(2009/6/1付、読売新聞)

●続きはこちらから


●グーグル提供広告