相次ぐ総合誌休刊 シンポや「怒りの復活」号(読売新聞)

【休刊が相次ぎ、部数も低迷するなど、雑誌ジャーナリズムを取り巻く環境は厳しい。そんな中、ノンフィクションの魅力を再認識させるムック本が刊行されたり、ライバル同士の週刊誌編集長が一堂に会して意見を述べたりするなど、様々な取り組みが始まった。(泉田友紀)】(2009/6/1付、読売新聞)
●続きはこちらから