« あいち国文の会・第97回研究会、上川通夫氏「三河入道寂照と古代仏教史の転換」(2009.6.24(水)、愛知県立大学) | メイン | 映画「蟹工船」(09.7月4日(土)公開)予告編(youtube) »

2009年6月 3日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●コンテンツ文化史学会『コンテンツ文化史研究』創刊号(2009年4月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

コンテンツ文化史学会事務局さまよりいただきました!

CONTENT_VOL01.jpg

●公式サイトはこちら

コンテンツ文化史研究 Vol.1 創刊号
2009/4/30・A5判・並製・96頁

目次

<ご挨拶>
吉田正高「コンテンツ文化史のあゆみ-学会誌の創刊ご挨拶にかえて-」

<論文>
中村晋吾「「オタク文化」時代に宮沢賢治を読む-「擬人化」の諸様態をめぐって」
玉井建也「「聖地」へと至る尾道というフィールド-歌枕から『かみちゅ!』へ-」
七邊信重「同人・インディーズゲーム制作を可能にする「構造」-制作・頒布の現状とその歴史に関する社会学的考察-」
井上明人「作品を解体し、融合させるシステム-ファイナルファンタジーシリーズを例に」

その他、書評など

***

●入会案内のページはこちら

コンテンツ文化史学会への入会をご希望の方は、上記
入会案内のページにある「入会申し込みフォーム」からご連絡ください。


●グーグル提供広告