第8回情報メディア学会研究大会に参加してきました(かたつむりは電子図書館の夢をみるか)

http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20090628
min2-fly さんの第8回情報メディア学会研究大会報告。
特別講演として行われた、岡本さんの「Academic Web宣言:学術資源を生かすための構想とその課題、そして可能性」のリポートが読めて助かりました(行けなかったので…)。
「プロセスの方がよほど共感しやすい。」、「メディアのままじゃ駄目だ、プラットフォームになろう」、「研究者への問い・・・「どのような社会を望むのか」」等、刺激的なメッセージが並びます。
多くの学術出版社が今後考えるべきことは、ここで語られていることと、決して無縁であることは許されないだろうな、と。学問らしさを演出するだけの学術出版社では、これから生き残っていくことは難しいだろうな…、とそんなことを思いました。飛躍しすぎですが。まだまだやれることは、沢山あるはず、だっ。