連歌版「楢山節考」 深沢七郎、死期迫る母のために詠んだ7首(産経新聞)

【 「楢山節考」などで知られる小説家、深沢七郎(1914〜87)が戦後間もないころ、死期が迫っていた母のために詠んだ連歌が書かれた枕屏風(びょうぶ)が、甲府市のお寺に残されていることが分かった。】
つづきはこちらから。