太宰16歳の原稿、都内で発見(読売新聞)

【きょう19日で生誕100年を迎えた太宰治(本名・津島修治)が青森中学在学中の16歳の時に書いたとみられる原稿28枚が、同窓で同人誌仲間だった画家の故・阿部合成(ごうせい)さん(1910〜72年)の長男で陶芸家の和唐(わとう)さん(71)の都内の自宅で発見された。】(2009年6月19日、 読売新聞)
●続きはこちらから