お宝本を探せ!—-神保町の古書交換会でプロの技を見た(Business Media 誠)

【古書店街の代名詞、神田神保町で日々開かれている古書交換会。太宰治の限定300部の『駈込み訴え』、司馬遼太郎の直筆原稿、与謝野鉄幹が発刊していた詩歌雑誌『明星』など希少な書籍が流通する。古書店主たちはどのように仕入れを行っているのか、その現場をのぞいてみた。
[郷好文,Business Media 誠]】
●続きはこちらから