« 大学出版部協会・WEB大学出版第78号発行 | メイン | 『アジア遊学122 日本と《宋元》の邂逅 中世に押し寄せた新潮流』(勉誠出版) »

2009年5月29日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●名古屋大学附属図書館、「学術機関リポジトリをプラットフォームとする電子出版システムの開発」他の開発ツール等を公開(カレントアウェアネス・ポータル)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【名古屋大学附属図書館を中心に取り組まれている「学術機関リポジトリをプラットフォームとする電子出版システムの開発」プロジェクトが、『学術機関リポジトリをプラットフォームとする電子出版システム(EPSIR)調査報告書』および開発したソフトウェアを公開しています。】

詳細は以下。
名古屋大学附属図書館、「学術機関リポジトリをプラットフォームとする電子出版システムの開発」他の開発ツール等を公開(カレントアウェアネス・ポータル)


●グーグル提供広告