仏像内から室町期の菩薩画 愛知・天恩寺「重文級資料」(産経新聞)

【愛知県岡崎市教育委員会は27日、同市の天恩寺にある地蔵菩薩(ぼさつ)坐像(高さ46センチ)の頭部の中から、開祖の高僧「弥天永釈(みてんえいしゃく)」の名前が入った室町時代の地蔵菩薩画像や経文など22点が見つかったと発表した。】(2009.5.27付、産経新聞)
●続きはこちらから