« 地方史情報092号(岩田書院) | メイン | 国際日本文化研究センター 第18回 東京講演会『日本文化を考える』(平成21年6月6日) »

2009年5月21日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●上原作和・陣野英則編『光源氏と薫の世界 一冊で読む源氏物語 訳注付』(武蔵野書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

武蔵野書院さまよりいただきました!

PHOTO.jpg

上原作和・陣野英則編
『光源氏と薫の世界 一冊で読む源氏物語 訳注付』
武蔵野書院

# 出版社: 武蔵野書院 (2009/04)
# ISBN-10: 4838606427
# ISBN-13: 978-4838606429
# 発売日: 2009/04
304頁
価格: ¥ 1,575


Amazonで買う!

■ 源氏物語を一覧できるように名場面を抄出、それぞれの本文に的確な脚注・現代語訳を付す
 ・桐壺・帚木・若紫・紅葉賀・須磨・明石・澪標・絵合・薄雲・少女・胡蝶・常夏・梅枝・藤裏葉・若菜上・若菜下・柏木・横笛・鈴虫・御法・幻・匂兵部卿・橋姫・椎本・総角・早蕨・宿木・東屋・浮舟・蜻蛉・手習・夢浮橋
■ 脚注は文脈に沿ったかたちで付した。特に各章段に掲出される引歌(和歌)には、物語の流れの中での注を検討し、その場面にふさわしい解釈を導けるように工夫した
■ 現代語訳では、あきらかに作中人物の心内の言葉としてくくれるものには実線を、また語り手(書き手)とその人物の言葉とが重なっている箇所には破線を付し、すっきりと読み進められるように試みた
■ 『新編日本古典文学全集』全六巻(小学館、1994〜1998年)の章段番号を、本文・現代語訳のいずれにおいても小見出しとして示し、読解の便を図った
■執筆者は、上原作和・陣野英則のほか、山中悠希・有馬義貴・中西智子の各氏。


●グーグル提供広告