« 「第八回文学フリマ」(2009年5月10日(日)、大田区産業プラザPiO)の出店者一覧がアップ | メイン | 小峯和明『中世法会文芸論』(笠間書院) »

2009年5月 1日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●日本古書通信社長・八木福次郎氏インタビュー(朝日新聞提供サイト・どらく・2006年の記事)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

「追跡!フロントランナー」のコーナーで紹介されています。

【古書街の変化見続ける「ミスター神保町」
1915(大正4)年4月17日生まれ、というからもうすぐ91歳になる。月刊誌「日本古書通信」の社長で、古書の町、東京・神田の神保町の生き字引、「ミスター神保町」と呼ばれる。近所の喫茶店は5代前から知っているし、通う理髪店は4代目だ。今年、90歳で新著「書痴 斎藤昌三と書物展望社」を出版した。】
●続きは公式サイトにて


●グーグル提供広告