« 国文学・2009年6月臨時増刊号(広告掲載) | メイン | 名古屋大学附属図書館、「学術機関リポジトリをプラットフォームとする電子出版システムの開発」他の開発ツール等を公開(カレントアウェアネス・ポータル) »

2009年5月29日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●大学出版部協会・WEB大学出版第78号発行

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

●公式サイトはこちら

《 特 集 》ネットノムコウの学術出版
 学術情報の流通を紙の書籍がほぼ独占していた時代は過ぎ去ろうとしているのか。いま学術出版は、ITの活用を求められ、新たな流通経路への対応を追られ、電子化するユーザを目のあたりにする、「ネットノムコウ」には明日が待っているのだろうか。

《 INDEX 》
〈初版本、ナンセンスなフェティシズム〉
*里見●著『八疊記』:酒井道夫 (●=弓+享)

〈 特 集 1〉
*インターネットの現在と未来、そして学術書の現在と未来:岡本 真

〈 特 集 2〉
*いかにしてITを利用するか:沢辺 均

〈 特 集 3〉
*学術電子出版の新しいモデル--OCLC NetLibrary:新元公寛

〈 特 集 4〉
*大学図書館で電子ブックを導入した意外な理由:矢崎省三
*社会の記憶を紡ぐ----「納本」の意義:田屋裕之
*大学出版部ニュース


●グーグル提供広告