« 源氏物語千年紀委員会『紫のゆかり、ふたたび 源氏物語千年紀公式記録』 | メイン | 「世界デジタル図書館」開設=源氏物語や浮世絵も紹介−ユネスコ(時事通信ほか) »

2009年4月22日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●至文堂が「ぎょうせい」と業務統合

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

ぎょうせい・至文堂、両者連名による案内文が届きました。
今後、至文堂の発行物はすべて、株式会社ぎょうせいからの発行となる模様。

■至文堂 http://www.shibundo.co.jp/

■ぎょうせい http://www.gyosei.co.jp

国文学 解釈と鑑賞 2009年5月号の情報はすでに、ぎょうせいサイトに登録されている。

http://www.shibundo.co.jp/contents/list/coinfo.html
より全文転載。
至文堂がなくなるわけでは、ない、です。
-----------
〈ご挨拶〉
 平素は、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、このたび弊社は2009年4月1日をもちまして、株式会社ぎょうせいと業務統合をいたしました。今後、書籍・雑誌の編集制作は弊社が行い、発行は㈱ぎょうせいとなります。 3月発行分までは、従来どおり弊社が販売を行い、4月発行分からは、㈱ぎょうせいとなります。 4月発行分からのお申し込みは、㈱ぎょうせいホームページhttp://www.gyosei.co.jp/をご高覧の上、よろしくお願い申し上げます。
 今後とも一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
-----------


●グーグル提供広告