藤原定家自筆の書状見つかる 愛知、裏に「明月記」か(共同通信)

【鎌倉時代の公家で「新古今和歌集」の選者として知られる藤原定家(1162-1241年)が後鳥羽上皇の行幸(外出)の進め方を記したとみられる書状が、完全な形で愛知県内の個人宅で見つかった。裏には定家の公務日記「明月記」が書かれた形跡があった。】
つづきはこちらから。