« 『成蹊國文』42号(平成21年3月15日)に浅見和彦編『『古事談』を読み解く』の書評が掲載されました。 | メイン | 立命館大学グローバルCOE GCOEセミナー第47回、谷 昇氏「後鳥羽上皇の政治課題と公事・宗教儀礼」ほか(2009年4月28日(火)、【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター) »

2009年4月22日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●二松學舎大学論集 第52号

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

五月女肇志氏よりいただきました。

nishou_ronshuu52.jpg

二松學舎大学文学部編
2009.3.28発行
B5・並製・154頁

真間の手児奈と末の珠名
 ー高橋虫麻呂の女性幻想/東国幻想ー 土佐秀里
『こころ』に描かれた「時」 増田裕美子
初期川端文学における記憶の表象
 ーベルグソン哲学を手がかりにー 舘健一
柳田國男と國學院大学と 高見寛孝
「継色紙」に関する一考察 福島一浩
會意に由來するいくつかの助字について
 ー因・多・乍・可・爰の段注からー 大橋由美

海外開教史上における大谷光瑞 髙山秀嗣
良寛を通しての道徳教育
 ー学習指導要領の改訂告示をふまえてー 平宮正志
中級レベルにおける留学生への作文の一指導法 阿曽村陽子
旧約聖書における神義論 本多峰子


●グーグル提供広告