小松英雄氏、講談社「本」に、「気味の悪いアヲ海原」を寄稿(ネット公開中)

講談社学術文庫版『いろはうた』にあわせての執筆のようです。
【だれにも干渉されない密室で我田引水の講義をしているうちに、「後生(こうせい)、畏るべし」という戒めを忘れて、〈汝、何を知るや〉という姿勢が身についてしまう。そうならないためには、〈我、何を知るや  Que sais‐je?(クセジュ)–〉と絶えず自問しつづけなければならない。】
つづきはこちらから!