江戸時代に通信添削 宇和島藩士ら、京・大坂に指導仰ぐ(産経新聞)

【愛媛県宇和島市の伊達家の古文書から、宇和島藩主や家臣らが、京都と大坂の著名な歌人や俳人から通信教育で添削を受けた和歌、俳句などが見つかったことが21日、分かった。国文学研究資料館(東京)の調査員は「江戸期の通信添削の実態や、家臣も文芸をたしなんだことを示す貴重な史料」と評価している。】湘北短大(神奈川県厚木市)の伊藤善隆氏が取材を受けている。
つづきはこちらから。