« 東方学会・第54回国際東方学者会議(2009.5月15日(金)および23日(土)) | メイン | 日本漢字能力検定協会・平成20年度漢研奨励賞発表 »

2009年3月16日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●小松英雄『いろはうた--日本語史へのいざない』(講談社学術文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

小松英雄氏よりいただきました!

51QP0j+YTRL._SL500_AA240_.jpg

価格: ¥ 1,155

Amazonで買う!

# 文庫: 345ページ
# 出版社: 講談社 (2009/3/10)
# ISBN-10: 4062919419
# ISBN-13: 978-4062919418
# 発売日: 2009/3/10

●いつ、誰によって、どんな目的で作られたのか。その源流は何か。どのような人たちに伝承、利用されてきたのか--。日本の言語文化史の中核であった「いろはうた」に秘められた日本語の歴史と、そこに見えてくる現代語表記の問題に迫る。日本語をめぐる知的な営為のあり方を探り、従来の国文法を超克した日本語の姿を描く、日本語史研究の古典的名著。

1※氏の文庫版あとがきによると、中公新書版から、現存しない「国語審議会」に説明を加えたり、誤記や曖昧な表現を「すくなからず」改めたが、「骨子に関わる変更は加えていない」とのこと。
2※石川九楊氏の解説が付いています。


●グーグル提供広告