« 国文学・2009年3月号(広告掲載) | メイン | 茨城大学図書館・展示「石神組御用留の世界」(平成21年2月12日(木)~2月23日(月)) »

2009年2月13日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●中野三敏『和本の海へ--豊饒の江戸文化』・石井倫子『能・狂言の基礎知識』(角川選書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

角川学芸出版さまよりいただきました。

4047034363.jpg

中野三敏『和本の海へ--豊饒の江戸文化』(角川選書)
239p / 19cm / B6判
ISBN: 9784047034365
角川学芸出版

詳細

江戸の武士から庶民まで、時代を彩った多彩な生活の場面を、人々の愛用した和本から読み解く。
和本のうち、活字になっているものは文学を中心にして1パーセント足らずであり、活字にならなかった多くの本にこそ、江戸に暮らした人々の生活が見えてくる。
江戸文化の様々な局面を、動物、賭博、易占、言葉遊び、印譜、春本、武家作法などに関する和本から照射する。
豊かな文化を見つめ直すための格好の案内書。

生き物
見立て生花
通俗易占書
博奕
見本帖
言葉遊び
戯作
遊里案内
諸職
食餌
武家作法
人名録
印譜
邦人法帖
書画展観目録
画譜
寿会詩集
狂詩
わ印
写本
自筆稿本

--------

4047034401.jpg

石井倫子『能・狂言の基礎知識』(角川選書)
ISBN: 9784047034402
285p / 19cm / B6判
角川学芸出版

詳細

独特の演劇空間と作劇術を持つ、能・狂言。
古典文学の詞章を縦横に使いながら展開する、日本文化の結晶ともいうべき芸術なので、その知識が事前にあるとより楽しくなるというもの。
能・狂言の歴史と分類から、現行曲の解説、舞台の構造、面や作り物の種類、装束や音楽・演技などについての知識、能を見るためのQ&Aまでを満載。
はじめて能・狂言にふれる人から見巧者まで、観劇の楽しさと勘所をつかめる一冊。

1 能・狂言を知る(能・狂言の歴史;能・狂言の分類)
2 能の現行曲七十五選(翁;葵上 ほか)
3 狂言の現行曲二十選(伊文字;靭猿 ほか)
4 能・狂言を見るために(能の舞台空間;舞台を作る人々 ほか)
5 観劇案内(そこが知りたい!Q&A;知っておきたい狂言のことば)


●グーグル提供広告