江戸・蒔絵の世界描く 16日から新連載、小説「麗しき花実」(朝日新聞)

【乙川優三郎さん(55)の連載小説「麗(うるわ)しき花実(かじつ)」が16日の朝刊から始まる。「江戸文化が爛熟(らんじゅく)した文政期の文化を掘り下げてみたい」と語る乙川さんに、構想と抱負を聞いた。】つづきはこちらから。