« あいち国文の会・第93回研究会、米井勝一郎氏「四庫全書の歩み 誕生から電子化までの歴史」(2009.2.18(水)、愛知県立大学) | メイン | 笠間書院のメールマガジン [048号]刊行しました »

2009年2月 2日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●楠元六男『我を絵に看る--芭蕉の甲斐行--』(新典社新書30)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

楠元六男氏よりいただきました。

510mE01OtNL._SL500_AA240_.jpg

楠元六男『我を絵に看る--芭蕉の甲斐行--』(新典社新書30)

価格: ¥ 1,050 (税込)

# 新書: 160ページ
# 出版社: 新典社 (2009/1/30)
# 言語 日本語
# ISBN-13: 978-4787961303

Amazonで買う!

■内容紹介
芭蕉という一個人の人生の転機。それは、甲斐へ旅立つ頃の数年間に集約されている。
江戸の大火遭遇から甲斐へ避難する道程で、芭蕉はおのれを見つめる深遠な視点を獲得し、やがて旅人へと変貌していく。
甲斐行において詠まれた句、時代状況・俳壇状況などから、旅人・芭蕉が誕生する原理をさぐる。革新的芭蕉論!


●グーグル提供広告