« デジタル/ネット時代を生き抜く出版コンテンツの活用法 出版コンテンツ研究会報告書 200901(ポット出版) | メイン | 歴史学研究会・日本近世史部会2月例会(大会支援報告会)(2009年2月11日(水・祝日)、東京大学本郷キャンパス 法文1号館) »

2009年1月21日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●アート広報にtwitterを!(Once in dark rooms)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

小社は試みに、ブログ更新情報を自動的にtwitterに配信しているのですが(https://twitter.com/kasamashoin)、本日立て続けに3人の方がフォローしてくださいました。いろいろ読んでいくと、次の文書を発見。

アート広報にtwitterを!(Once in dark rooms)

【オンライン広報を世界で一番うまくやっているブルックリン美術館で、MOMAの約2倍の5500人あまりのFollowerがいる。】という。ブルックリン美術館のtwitterはこちら

無理のない範囲で、顔の見える広報、を実現するにはどうしたらいいのか、考えるきっかけになった文章でした。


●グーグル提供広告