国際児童文学館、移転を堅持 橋下知事(産経新聞)

【大阪府が財政再建の一環で廃止・移転の方針を示している国際児童文学館(同府吹田市)をめぐり、現在の場所での存続を求める有識者らが21日、府庁で橋下徹知事と意見交換した。知事は従来の方針を譲らず、話し合いは平行線をたどった。】
●公式サイトはこちら