« 粂川光樹『明暗 ある終章』(論創社) | メイン | 新典社がサイトリニューアル、新典社ブログも開設 »

2009年1月15日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●川村裕子『王朝の恋の手紙たち』(角川選書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

川村裕子氏よりいただきました!

41wFhsoPTNL._SL500_AA240_.jpg

価格: ¥ 1,470

Amazonで買う!

# 単行本: 198ページ
# 出版社: 角川学芸出版 (2009/1/10)
# ISBN-10: 404703438X
# ISBN-13: 978-4047034389

王朝に生きた人々は、私たちとは比べものにならないくらい多くの手紙を綴っていた。紙や文字に細心の配慮をし、内容にふさわしい植物の枝に付けて文を送るような工夫も凝らす。心待ちにしている返事がなかなか届かなければ不安にかられ、素早く返信をもらえば幸福感に包まれる。一方、途中で盗み読まれたり、間違った相手に届くといった危険も多く、それを防ぐ手立ても必要とされた。王朝人にとっての手紙の意味を『蜻蛉日記』『源氏物語』など古典の名作から探る。


●グーグル提供広告